2016年6月26日日曜日

ポルシェのライセンス問題について


ゲームで実在する車を収録しようとすると自動車メーカーの許可が必要になります。しかしゲームの内容によっては必ずしも許可が取れないケースがあります。その中で有名なのがEAによるポルシェ独占でしょう。


1999年に契約が結ばれ、以降EAから許可を得たゲーム以外「ポルシェ」名義でポルシェが出ることはなくなりました。ポルシェをベースにした市販車を製造販売するRUFやゲンバラ等を収録することでその問題を回避しているのはよく知られていると思います。(ちなみに奇しくも1999年はとあるレースゲームの2作目が発売された年です)


しかし、ポルシェは市販車だけでなくレースの方でも有名です。今年のルマン総合優勝はもちろんですが、過去も輝かしい歴史があります。グループ5なんて2度もポルシェのせいでシリーズが成り立たなくなるぐらいトンデモナイことが起きていました。幾ら市販車は(失礼な言い方ですが)代用品でカバーできても、レースカーは非常に難しいと思います。(とあるレースゲームでは苦肉の策としてRUFを911のレースカー風に仕立てたり、アメリカの架空のブランドとして935を収録していましたが、これが限界でしょう。)

そして市販車の方も代用品では完全にカバーすることはできません。918や959といったスーパーカーはもちろんですが、80年代を席巻したFRポルシェや356など初期のモデルもカバー不可能です。

だからEAが独占することによる弊害は非常に大きいものと見ています。



勿論EAからもレースゲームは出ています。しかし、メインのNeed For Speedシリーズは元々収録車種が絞られているゲームなのであまりポルシェが出てきません。多くても2桁行くか行かないか?といった程度。しかもHot Pursuit(2010)以降形成していた複数スタジオ体制が崩壊し、1スタジオ体制になってしまったせいで1年空白が空いてしまいます。(実際NFS(2015)に関してはRivals発売後1年空白が発生、今作の翌年にあたる今年も新作はナシとはっきり明言されています。)


勿論EAにはモータースポーツ路線で常に新車を投入するRealRacingもあることは知っています。しかし、それでもポルシェを語るには物足りない感じが否めません。それにF2Pのモバイル端末向けゲームというのも好ましいものではありません。




前述の通りEAから許可を取ればポルシェを登場することは可能です。実際ドライビングエモーションSというゲームは当時EAとスクウェアが提携関係であったため、ポルシェの実車収録が可能になりました。

初期のPGRシリーズやForzaシリーズはEAからサブライセンスを付与してもらう事で収録が可能になっています。これはマイクロソフトの力が大きいでしょうが、それもEAの態度を変えたせいで一回破綻してしまっています
Horizon2以降は再びEAとサブライセンスを結ぶことに成功しましたが、これはForza Motorsport 6も含めた2作の契約であり今後続く保証はありません。

それにForza Motorsport 6のポルシェパックは不十分と言わざるを得ませんでした。収録されることは嬉しいのですが、所謂シルエットフォーミュラを拡充しているのに935が出てこなかったのは非常に不満です。(まあこの不十分さが”ポルシェパック2”で補充してくれるなら文句はないんですけど)


今年は前述の通りNFS新作はないですし、Forzaに付与されたサブライセンスもHorizon 2とMotorsport 6限定ですので寂しい年がやってくる・・・と思っていました。




しかし今の状況を打破できるのでは?という情報が入ってきました。
PCや今後CS機で発売予定のレースシムである「Assetto Corsa」にポルシェが「公式」で収録されることが決まりました。

しかも公式サイトを見る限りは開発元のKunosとポルシェが直接パートナーシップを結んだと発表しています。
Forzaの時でさえEAの名前が出てくるのに、今回は全くその点はノータッチ。前々から「ポルシェの独占契約は2016年で終わる」という「噂」がありました。

もちろんこのゲームだけが例外でしたというヲチも考えられますが、この問題が解決するか否かその真偽がハッキリするのはそう遠くない話でしょう。是非ともこの契約に終止符が打たれ、色んなゲームにポルシェがでるようにあってほしいものです。






ちなみにForzaでは今後が不明瞭だと言いましたが、最新作に911 GT3 RS 4.0と思われる車両がトレイラーに登場しています。これに関しては公式の言及がないので、近い将来明確に表明してほしいですね。

2016年2月20日土曜日

PC版Need For Speed(2015)の動作環境と対応ハンドルコントローラー



PC版NFS2015の動作環境が公開されました。
以下公式サイトからの引用です。

低負荷設定(720p 30fps)向け最小要件:
  • OS:64ビット版Windows 7以上
  • プロセッサー:Intel Core i3-4130または実行スレッド数4以上の同等品
  • メモリー:6GB RAM
  • グラフィックカード:NVIDIA GeForce GTX 750 Ti 2GB、AMD Radeon HD 7850 2GB、またはメモリー容量2GBかつDX11対応の同等GPU
  • ハードディスク:30GBの空き容量
高品質設定(1080p 60fps)向け推奨要件:
  • OS:64ビット版Windows 7以上
  • プロセッサー:Intel Core i5-4690または実行スレッド数4以上の同等品
  • メモリー:8GB RAM
  • グラフィックカード:NVIDIA GeForce GTX 970 4GB、AMD Radeon R9 290 4GB、またはメモリー容量4GBかつDX11対応の同等GPU
  • ハードディスク:30GBの空き容量
 最低環境に関してはここ最近の中堅クラスゲーミングPCなら問題ないと思われます。
にしても自分が昔使っていたHD5870よりもちょっと上の性能のHD7850が最小要件になるとは・・・時の流れを感じます。

推奨環境は1080pでも結構なスペックが求められています。CPUに関しては最小環境と同様に大して求められていませんが、グラボが現状でハイエンドクラス。ましてやPC版のウリでもある4K解像度だとさらにハードルが上がりそうですね。(もっとも自分は4Kディスプレイ持っていない上に、推奨案件に届いてすらないので縁のないお話ですが・・・)


同時に対応しているハンドルコントローラーも公開されました。

  • Logitech G27
  • Logitech G29
  • Logitech G920
  • Thrustmaster TX
  • Thrustmaster T150
  • Thrustmaster T300
  • Thrustmaster T500
  • Fanatec CSR

 3ペダルのハンコンも対応しているみたいですね。もしかするとNFSもクラッチが対応・・・は考えすぎでしょうか。


初回特典の詳細情報がまだ未詳などまだまだ未開示の情報がありますので、今後の続報でいったいどんな要素が明らかになるのか楽しみですね。

2016年2月12日金曜日

Need For Speed(2015)のPC版リリース日が発表



「2016年春発売」という曖昧な表記のままだったPC版NFS(2015)ですが、海外では3月15日、日本では3月17日に発売することが正式に発表されました。
Origin Accessに登録すれば3月10日より遊べるそうです。が、今のところ日本ではサービスがスタートしていないので残念ながらできない模様。
※後日日本でもOrigin Accessがスタートしましたので、記述を修正しました。

公式サイトによるとPC版では以下の項目が追加されるようです。
  • Logitech、Thrustmaster、Fanatecのハンドルコントローラーをサポート。
  • フレームレートのリミットを解禁、60fpsが可能に。
  • 4K解像度も可能
  • MTの実装(CS機版でも実装予定)
  • これまでのShowcaseアップデートもPC版に適応
PC版発売後、全機種でアップデートもあるそうです。上述の通りPC版に合わせて実装されたMTもでしょうけど、他にも何かあるのかもしれません。
海外ではパッケージ版が存在しますが、日本ではOriginのみで他のバージョンは確認できませんでした。

Originでは「スタンダードエディション(\8,424)」と「デラックスエディション(\9,504)」の二つバージョンが存在します。両方とも

  • スタイリングパック
    「スタイリング」ステッカーやスポイラー、リム、スプリッター

が同梱されているようです。「デラックスエディション」はそれに加え、以下の6つの特典がついてきます。
  • パフォーマンスパック
    特殊なステッカーが同梱されるほか、ターボチャージャー、エンジンブロック、特殊エキゾーストの3種類のパフォーマンス・アップグレードが早い段階で入手可能。
  • フル改造の初期マシン
    後日情報開示予定
  • 限定特典ラップ
    後日情報開示予定
  • ユニーク識別ステッカー
    後日情報開示予定
  • VIP アイコン
    後日情報開示予定
  • ゲーム内通貨で購入できる全アイテムの永久ディスカウント
    ゲーム内での買い物が全て10%オフ
発表から数日たった現在でも詳細不明な項目が多いですね。パッケージの名前から何があるのかは大体察することはできるのですが、いったい何が含まれるのか気になりますね。


前作Rivalsが酷い出来だったので今作は様子見でしたが、CS機版やっているフレンドさんの評価見る限りは概ねよさそうですしPC版の発売が楽しみですね。
それに開発側も定期的にアップデートをしてゲームを改善していこうという姿勢がみられて好印象です。前作の不出来もさることながら、発売後のゴダゴダも知っている身なのでどうなるやらと心配していましたが・・・。

まだまだPC版について不明な事項もあるので、今後どんな続報が来るのか期待ですね。


※2016/2/14:Origin Access日本スタートなど新情報を追記、各種内容の修正をしました。